読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac + VirtualBox + Burp で学ぶ徳丸本 環境構築編~俺達の勉強はこれからだ!~

目的など

基本的にMacを使って色々やっているからいちいちWindowsマシンを立ち上げるのヤダ!Macで勉強をしたい!という思いが発端。よくあると思います。そしていちいち .vmx を .ovf へ変換します。ブログを書いている最中に .vmdk を VirtualBox で使えることに気が付きました。
ちなみに vmdk で構築する方法はこちら → 徳丸本の環境をMacのVirtualBoxで構築する - tarhashiの日記

書いてあること、書いてないこと

  • 書いてあること
  • 書いてないこと
    • 各ソフトウェアのインストール方法
    • 各ソフトウェアの設定方法
    • 徳丸本の内容(←!!)
    • Burp について(←イメージ図以外ではまったく触れません)

ゴールとそこまでの流れ

↓ゴールはこんな感じです(イメージ)
f:id:news-nknskn:20150105232241p:plain

作業の流れ

  1. 付属の仮想マシンMacVirtualBox にインポートするため、 wasbook.vmx を wasbook.ovf へ変換
  2. インポート + 仮想マシンの設定

ね、難しいでしょう?

準備するもの

全部Macで環境構築したい!という人

  • VMware OVF Tool 4.0.0 for Mac OSX(ここ)
    • VMware OVF Tool 4.0.0 for Mac OSX の入手にはVMwareのユーザアカウント(無料、メールアドレス登録) が必要です。

準備は Windows でOK という人

絶対に必要なソフトウェア(on Mac)

作業(眠いので文章だけでさらっといきます)

  1. データの変換(.vmx → .ovf)
    1. Mac で変換を行う場合
      • 上記リンクからdmgをダウンロード後、pkgを起動しインストール
      • 以下のコマンドを実行(ovftoolはデフォルトで /Applications/VMware\ OVF\ Tool にインストール)
        • $ /Applications/VMware\ OVF\ Tool/ovftool (...)/WASBOOK/wasbook.vmx (...)/wasbook.ovf
        • ※ (...)は Working Directory(以下、WD) を想定しています。
        • 変換完了後、WD には名前が wasbook.mf、wasbook.ovf、wasbook-disk1.vmdk の3つのファイルができます。
    2. Windows で変換を行う場合(VMware をインストールが完了している想定)
      • コマンドラインを起動し、以下のコマンドを実行します。
        • C:¥(...)> "(VMware Playerインストールフォルダ)¥VMware¥VMware Player¥OVFTool¥ovftool.exe" "(...)¥WASBOOK¥wasbook.vmx" "(...)¥wasbook.ovf"
  2. 仮想マシンのインポート(以下、全部 Mac)
    • VirtualBoxマネージャ を開き、VirtualBox > ファイル > 仮想アプライアンスのインポートを選択(command + i でも可)、作成した ovf ファイルを選択し、インポートします。途中の設定は不要ですが、名前はわかりやすいものに変えておいた方が後々良いかもしれません。
    • インポートが完了したら、VirtualBoxマネージャでネットワーク設定を「ホストオンリーアダプター」に変更してから起動します。
  3. 仮想マシンのネットワーク設定(eth を static か dhcp にする)
    • ここら辺がはggればすぐに出てくるので省略。存在しているデバイスの確認は忘れずに(ifconfig -a)。

以上です。
ね、難しいで(ry

参考

ovfTool を使い、OVA を VMX フォーマットに変換する - えこ日記
Installing VMware ovftool on Mac OS X | Banym's Blog
徳丸本の環境をMacのVirtualBoxで構築する - tarhashiの日記

最後に一言

次回作にご期待ください(フラグ)