nknskn ネタ置き場

IT使ってなんかやってる人間のたわごと

シストレについて考える時に必要なドメイン知識(基本知識)を書き出しとく

FXを行う、かつ今後シストレを始めることを前提としてる人向け(&自分の知識整理のため)に、現時点で知識として最低限必須と考えている項目について、以下の方針で簡単にまとめておく

  • この記事中に出てきたキーワードを利用して、FX取引およびシストレの深掘り検索ができるようにしておく
  • FXを実際に行う(デモ・本番どちらでも)際に、どの用語がなにを指しているのか、を事前知識としてある程度知っておく
  • 解釈の固定化を避けるため、個人の見解は一切載せない。事実および一般的な定義のみ記載する
    • 読み解き方、利用方法などにも触れない、適宜検索してもらう前提とする

※個人が一般的な定義を記載する時点で、記事主のフィルタがかかっていることには了承いただく必要がある

以下ToC

前提:検索用用語

書き出したら意外とあった、一気に全部書くのはしんどいので適宜調べることを推奨する

通貨、通貨ペアについて

  • 基本通貨はUSDであり、通貨価値は1ドルに対して現時点でいくらか、が表示されていることが多い
    • USD/JPYで 105.208 円が表示されている場合、時価1ドル=105.208 円を指す
    • EUR/USDで 1.17496 ドルが表示されている場合、時価1ユーロ=1.17496 ドルを指す
  • 通貨ペアにUSDがない場合、証券内部的にはUSDが存在する通貨ペアでを組み合わせて、時価を算出
    • GBP/JPYの場合、(GBP/USD)*(USD/JPY)を行う
  • 通貨ペアごとに取引量、チャートの変動傾向などが異なる

取引の流れ(USD/JPYを例とする)

  • 考え方は、RPGなどのゲームでよくある「交易品で利益を得る」フローと同様
    • 毛皮  を 安い国      で仕入れて、        評価額の高い国  に行って 売る
    • 建て玉 を 評価額の安い時間 に仕入れて、        評価額の高い時間    で 売る
    • 建て玉 を 評価額の高い時間 に「売る約束」をしておいて、評価額の安くなった時間 で 買う
  • 建て玉に対して注文・決済を行い、新規注文時、および決済注文時の評価額の差分を以て、損益計算を行う
    • 105.500 円時に1000通貨、数量10の新規買い注文を出した(105.150円の毛皮を10個買った)
    • 翌日、USD/JPYの価格が変動し、106.000円になった(毛皮の価値が106.000円の国に行った)
    • 106.000 円で1000通貨、数量10を決済注文した(毛皮を10個全て売った)
    • 差分の0.500 円 * 1000 通貨 * 数量 10 = 5000円儲けた

半自動取引設定について

  • 以下の条件に従って取引を行いたい場合、それぞれ対応する注文を事前に設定する
To do Order name
○○円まで下がったら買いの新規注文を出す / ○○円まで上がったら売りの新規注文を出す 指値注文
○○円まで上がったら買いの新規注文を出す / ○○円まで下がったら売りの新規注文を出す 指値注文
これから出す新規注文に、利益確定の決済注文を出す価格も設定する IFD注文
これから出す新規注文に、利益確定の決済注文、および損失確定の決済注文を出す価格も設定する IFO注文

テクニカルの例、検索用

テクニカル指標一覧|マネックス証券

シストレについて

  • 新規注文、および決済注文を自動化したシステムを利用して、トレードを行うこと
  • 利用する方法
    • 自動売買システムを提供している会社に口座を開き、設定する
    • MT4/5などの自動売買設定が可能なプログラムを自分のパソコンにインストールし、設定する
    • 証券会社が公開しているAPIを利用し、自分で開発する
  • 個人の所感、雑記等は同ブログ内、シストレに関する雑記XXに記載